たんめんのゆるふわ分析日誌

ゆるくフワッと出来事を分析します

アニメで語学は学べるのか?

  こんにちは。たんめんです。

 

 今回のブログでは、「アニメで本当に語学を学べるか」について話してみたいと思います。いつもの発達障害関係の話題とは打って変わってキワモノの話題になってしまいますが、ご了承ください。

 

海外の人が日本に来て、日本語を話せるようになったキッカケが「日本のアニメ」という方はテレビでよく見かけます。日本のアニメで日本語を学んだという人もテレビではよく聞きます。

 

 本当にアニメで語学学習のツールになり得るのか?ツールになるとしたらどのようなタイプの人に、どんな効果があるのか?実際に確かめたいと思います。

 

アニメで語学を学べるか確かめる方法は英語のアニメを見ること、アニメで出てきた英語の文章を読み込むことの二パターンあります。今回はアニメで出てきた英語の文章を読み込みます。

 

自分が使うアニメの英語の文章は、「ご注文はうさぎですか?で英語bot」 (@rabinglish1 )です。

 

僕の大好きなごちうさで英語の勉強をしたいと思います。

 

コレを二週間やってどれだけ伸びたかを確かめたいと思います。

 

具体的な方法はは時間が空いてる日(1/26)にノー勉でTOEICの模試を受け、その後二週間ごちうさの英語の文章を1時間読み込みます(2/9終了)。そしてもう一度模試(違う問題)を受けます。やる前とやった後の成果を確かめます。点数(問題の正解数)が伸びたら成果あり!そうでなければ何故成果が出ないかを考え、考えた結果をブログで報告します。アニメ英語以外の勉強をするとアニメ英語の成果を正しく測れないのでアニメ英語オンリーでいきます。

 

下に手順をまとめると、

 

 

  ノー勉でTOEICの模試を受ける(1/26)

                             ↓

 ごちうさ英語の文章(@rabinglish1 )を1時間読み込む

                             ↓

 点数と勉強法の成果を報告する

 

アニメで英語を勉強する事でどれだけ成果が出るか?楽しみです。個人的には文法と単語は抑えた後でやらないと効果はないと思います。文章を読むためのルールが分かってこそ練習になると思っているので。しかし、自分の想像とは別のやり方をする事で想定外の事が起こるかもしれないので、個人的にはそっちに期待してます。

 

 それでは、みなさんさようなら