タンメンのふつうになりたい!

普通になりたいと思っているちょっと変わった人のブログです。

「妥協」は世界を救う

 こんにちは!

 

 いきなりですが、皆さんは「仕事の機械化」に賛成ですか?「仕事の機械化」とは、文字通り「人間がやってた仕事で、特に誰でも出来る仕事を全て機械に任せる事」です。皆さんは、それに賛成ですか?

 

 

僕は、ワープアになった人、働けなくなった人の助け舟を用意するなら賛成です。しかし、今みたいに「自己責任」で一蹴りして終わりならば僕は反対です。

 

 機械化を進めていくと、働けない人間が増え、貧しい人が増えます。貧しい人が増えると犯罪者が増え、経済も上手く回りません。何故経済が回らないか?労働者が減るという事は顧客も減るからです。犯罪者が増える理由は何かというと、親の貯蓄が尽きて精神的に追い込まれてヤケを起こすからです。

 

 

    一体何故こんな話をしたの???

 

 

気になる方もいると思いますが、それは「機械よりも仕事が出来ない人間」の不甲斐なさに多少目を瞑って、最低限の施しをするべきだと言うことです。「いや、そんなの努力しなかったそいつが悪い」と言いたい気持ちは分かります。ですが「本当に努力してるか」なんて分かるのでしょうか?

「1の(クオリティで仕事をする)能力しかない人間が10の能力分の仕事をこなす」のと、「100の能力の人間が20の仕事をこなす」のではどちらが頑張ったと言えるか?前者ですよね?ですが、「本当にその人が1の能力しか無かったのか?」明確に判断出来ません。しかも全員がこなさなければならない仕事のクオリティが20だとすると、誰かが肩代わりしなければなりません。なので1の能力しかない人間に不満を持つのは致し方ないと思います。

 

 

 では、2の能力でも出来る仕事があればどうでしょう?それなら1の能力の人も頑張ればなんとかなるのではないでしょうか?ですが、そんな仕事は出てこないですよね?何故か?客が20のクオリティになれてしまってるからです。

それなら20のクオリティの仕事が出来ない人が働けないのは仕方がないと思うでしょう。ですが、客のニーズは満たされれば満たされるほど上がっていきます。ニーズが上がると「最低限出さねばならない仕事の質」が上がっていきます。つまり次は20の仕事しか出来ない人が淘汰される。その次は30、40、50… と、ドンドン上がっていきます。そうなるとドンドン淘汰される人が増えていき、いずれ今普通に生きていける人も淘汰されてしまいます。

 

 

果たして、客のニーズを満たすように頑張る事が必ずしも正しいと言えるのでしょうか?

 

客や企業がある程度の質の低い仕事やサービスを甘受しなければならない。もしそれがダメならそれ相応の額を払うしかありません。今、客の要求はインチキみたいに跳ね上がっています。要求すればするほど、自分が働く時にそれが返ってきます。

 

今、僕らがやるべき事は「妥協」する事です。「妥協」すれば「最低限出さねばならない仕事の質」は下がります。それが下がると「淘汰される人」は少なくなります。

 

「妥協」は世界を救う!

みんな、もういっそ「妥協」して、ラクな社会を作っていきませんか?