読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんめんのゆるふわ分析日誌

ゆるくフワッと出来事を分析します

自己啓発について今思ってる事

 

 僕は自己啓発に関してはあくまで気持ちのコントロールの仕方の「一つ」を学んでいるに過ぎないと思っています。

 

 

 最近書店には自己啓発の本が目立つように置かれています。自己啓発の本は買う人は多いのでは無いでしょうか?では、自己啓発の本を買って本当に幸せになった人はどれだけいるのだろうか?周りに自己啓発を買った人が何か大きな気付きを得たり、幸せになったりしてるでしょうか?あまりしてないように僕は思えます。

 

 

 とはいえ僕も自己啓発の本を買っていたりして、実際自己啓発の本に救われた事はありました。ただ、周りを見ても自己啓発の本を買って幸せになったという話はあまり聞かないです。「ヾノ・ω・`)イヤイヤ。自己啓発の本を買って幸せになった人いるよ。」 「僕は自己啓発の本を買って人生が変わった」と思う方もいるのでしょう。ですが幸せになろうと自己啓発の本を買って、幸せになれなくてまた買って・・・ と繰り返している人もいるのは事実です。では自己啓発で幸せになる人とそうでない人との差は?幸せになれないのは本人が努力してないから?自信が無いから?僕は違う気がします。

 

 

 

 ここからは僕の霊感になってしまうのですが、自己啓発の本に書いてある「逆境、負の気持ちの対処の仕方」をすっ飛ばして「ポジティブシンキング」や「方法」、「結論」に目が言ってしまってるからではないでしょうか?よく自己啓発でも「人を変える前にまず自分を変えるんだ( ー`дー´)キリッ」なんて決まり文句があるけど「で?じゃあどう変えていくの?どうすれば変わるの?」って聞きたくなりますよね(・ω・`)。

 

 

 

 失敗や心の澱み、生きずらさの原因や大まかな対処法を知る事が先決だと思っていて、その為の「参考資料」が自己啓発だと思っています。

 

 それでは、良い1日を!