タンメンのふつうになりたい!

普通になりたいと思っているちょっと変わった人のブログです。

僕がやってみた自閉傾向改善案

 こんにちは、たんめんです。ここのブログを読んでる皆さんの中で、「空気が読めない」、「会話が成立しない」、「こだわりが強い」、「周りがやってる事への興味関心が薄い」というお悩みを持つ方もいるのでは無いでしょうか?

 

あくまで可能性の話なのですが、それは発達障害特有の「自閉傾向」が原因かもしれません。少なくとも僕は「自閉傾向」が原因でそのような悩みを持っています。

 

( 「自閉傾向」って何?? って思った方もいると思うのでそこはカンタンに説明致しますのでご安心を)

 

唐突ではありますが、当ブログを読む前に2つ、注意点があります。

 

☆注意点☆

 

1.僕のやった自閉傾向の改善法には合う合わないがある。

 

→あくまで自分の経験上の話であり、自閉傾向のある人全員がそのやり方で何かが変わるかは正直分かりません。その方法を取った根拠はありますが、その根拠だって自分の感覚や考え方を元に取り出したものですから。それが読者に当てはまるとは限らないです。

 

2.その方法が合えば自閉傾向が「治る」 かは謎

 

→方法が合えばマシにはなると思います。しかし治せるかどうかまでは保証出来ません。ご了承ください。

 

以上の注意点を踏まえたところで、僕がやってみた自閉傾向改善案を紹介していきたいと思います。

 

 

 そもそも自閉傾向って?

 

  自閉傾向はザックリ言うと「脳障害によって周囲への関心を持つことと、他者の立場を理解することが困難になる事」です。

 

 

 

 

 

キャスの改良

 コンニチハー((((o´ω`o)ノ ふつうになりたすぎて頭がおかしくなった、たんめんです。

 

今回はふつう()チャンネルをより面白くするための改善点を探ろうと思います。その為にまず、このキャスの長所と短所を説明したいと思います。

 

 

長所!

企画が斬新〜♪

→ふつうになろうと奮闘する姿を地上波で放送する人は類を見ない……はず(`・ω・)

 

短所

 

どもってる

→話し始めや作業中、話の内容を忘れる時にどもってしまう

 

ユーモアさがない

→何事も淡々とやってる。抑揚がない。面白い事も言わない。ぶっちゃけトークもない。どもってるのも相まって見飽きる

 

結局何がしたいのか分からない

→これを見てなんだ?と思った方もいるでしょうが、要は鍛える方法がどのように影響を与えるのか?このキャスのターゲットは?見ている人にどんな影響を与えたいか?笑わせたいだけか?そこら辺がぼやけているので、力が分散してしまう。

 

以上の事から、次のように改善したいと思います。

 

キャスの改善案

1.ターゲットを決める

  ターゲットはズバリ無茶して社会に適応しようとしてるも、どこか生きづらさを抱えている人と(意志が強くないけど)発達障害を治そうと苦労してる人、発達障害を改善しようとしている人です。彼らの立場に立って緩く、面白く、偶に為になるキャを届けます。

 

2.事前に話す内容を明確に決めておく

  話す内容を事前に決めて、それを紙にまとめておく(自分は)とどもらなくて済む。特に、発達障害の改善方法と効果、補足説明をまとめておくと伝わりやすい。

 

3.構成を統一する

  構成を統一する事で話の進め方をパターン化出来るので、原稿の準備も早く出来るし、話す時に自信をなくさなくなる。構成を練ると一般の方はもちろん、発達障害にも伝わりやすくなる。

 

 

最後に!

 

僕は障害のない人を恨んでるつもりはありません。ただ、一般の人間のルールで社会は動いていてしかも誤解される上に救済措置もないので、やはり文句は言いたくなります。(ちなみにそれは社会が悪いので一般の人が恨まれる義理はないです。)なので、一般の人間の愚痴も多少出てくるのでそれが苦手な方や一般の人間が憎すぎて攻撃せずにはいられない方はブラウザバックをお願いします。

 

それでは、また明日(^ω^)

 

 

 

ふつう()チャンネル 開催日変更

コンニチハー((((o´ω`o)ノ、たんめんです。

 

 どう考えても普通じゃない僕が普通になろうとなろうと無駄に足掻くキャス、ふつう()チャンネルの開催日を変更したいと思います(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

 

 

ふつう()チャンネルの内容や企画したキッカケを詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェック出来ます。

http://bumerang.hateblo.jp/entry/2017/01/26/002800

 

 

 話を元に戻しますと、ふつう()チャンネルの放送日は毎週木曜午前から、毎週土曜日の夜10時(1時間ズレる場合があります)に決定しました。

 

 

 ふつう()チャンネル、毎週土曜日夜10時から、絶賛放送中!みんな、見てくれよな!

 

 

 

 

ふつう()チャンネル 開催!

コンニチハー((((o´ω`o)ノ、たんめんです。

 

 今回、皆様にお知らせがあります。

これからは僕はキャス配信、「ふつう()チャンネル」というものを木曜日の午前に開催します。

 

 

 

ふつう()チャンネルって???

 

 

 ふつう()チャンネルとは、どう見ても 「普通じゃない」僕が普通になろうと無駄に足掻く姿を地上波で放送するという、ほんと斬新〜()な企画でございます!

 

 

 具体的に言うと、当ブログで執筆した記事「ぼくのかんがえたさいきょうのADHDかいぜんあん」に書いてある改善案あるいは、別の当事者がやってる改善案を僕が実践した姿を晒します。

 

(ぼくのかんがえたさいきょうのADHDかいぜんあん リンク↓)

http://bumerang.hateblo.jp/entry/2016/11/15/225031

 

 

 一体なぜ発達障害を治す姿を晒すかと言うと、要は「安心してほしい」からです。

 

ダメな自分を見せることで、とにかく安心させる戦法です。

 

 

本当のこと言うと、応援してほしいだけだったりする^^;

 

 更にぶっちゃけると、(本当は治したくなんかないけど)「発達障害をなおす」という体で行かないと社会から高確率で干されてしまうみたいなので、とりあえず皆さんで頑張って、発達障害を治しましょう(´・∀・`)

 

テキトーな事言っておきながらなんなのですが、僕には実はこのキャスに関してある思いを抱えております。

 

それは……

 

発達障害精神障害の自分なりの改善案や工夫、楽になる生き方を共有したいという事です。とにかく方法の共有をして、治す努力をとりあえずして、

 

開放感に満たされたいです\_(・ω・`)ココ重要!

 

 

と、言うわけでキャス見て下さい()!それでは、また明日!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の発達特性とかいぜんあん

 

 あけまして、おめでとうございます!

 今年も1年、よろしくお願いします!

 

 早速ですが、今回は自分の抱えている発達障害の特性と自分で考えた改善案をサラッとまとめようと思います。

 

 ○の部分が自分の発達特性で、その下が改善案です。改善する優先度が高い方から順に並べてあります

 

‪☆自身の特性と改善案まとめ☆‬

‪ ○短期記憶‬
‪ ・逆読み‬
‪ ・単語→計算→単語テスト‬


‪ ○不注意‬
‪ ・目をつぶって歩く‬
‪ ○全体を見れない‬(細部にとらわれすぎる)
‪ ・ダンス‬
‪ ・倉庫作業‬


‪ ○情報整理‬
‪ ・文章を書く‬
‪ ・段取り決め‬

 

 ○想像力の欠如(≒自閉傾向)

    ・通学路とは少しだけ別の道を行く

    ・自分がどう思っているかを感じる

    ・他人の話の聞き役になる→出来れ    ば質問を促す

 

 

以上が僕の発達特性と僕なりに考えた改善案のまとめになります。

なぜその改善案が出てきたか?どうしてその改善案で発達特性を改善出来るのか?具体的な効果は?

 

コレについてはまた後ほど記事に致します(記事が2つ三つくらいになりそう)。それでは、良いお年を

 

 


‪ ‬

 

 

 

 

僕がポジティブシンキングが嫌いな理由

 こんにちは!たんめんです。現代は「待機児童」、「少子化」、「不倫騒動」、「就職難」などと言った受け入れ難い事が頻繁に起こっていますね。しかしその一方で物事を前向きに考える「ポジティブシンキング」が絶大な人気を得ています。

 

 

 

 皆さんはポジティブシンキングが好きですか?タイトルから分かる通り、僕はポジティブシンキングは嫌いです。物にもよりますけど。何で僕がポジティブシンキングが嫌いか?その理由を話したいと思います。

 

 

 しかしその前に1点だけ気をつけてほしいことがあります。コレは僕個人の好みの話であってポジティブシンキングを良い悪いを評価してる訳ではありません。強いていうなら、どんなに高潔な考え方でも必ず短所はあるという事で、ポジティブシンキングも例外ではないという事です。そこがどうしてもダメな人はいるというというのが今回のブログの趣旨でもあります

 

 

 僕が何でポジティブシンキングが嫌いか?一言で言うと、「辛さの共有」が困難になる可能性があるからです。

 

「ポジティブシンキング」という言葉を辞書で調べると(下記URL参照)、「積極的、楽観的に考える事」と出できます。

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/203888/meaning/m0u/

 

 

漠然とし過ぎてピンと来ないと思いますが要は「経験や辛さ、逆境をより良い見方で見よう、成長の糧としよう」と考える事です。それだけ見ると一見良いことづくしのように見えます。しかし裏を返せば「逆境」を「成長の糧」にし続けるか、「辛い状況の中」より良い考え方をし続けなけらばならないわけです。

 

 

でも、人間やっぱり「辛いよ」、「耐えられないよ」、「殴りたい奴がいる、殴らせろ」、「助けて」くらいは言いたくなりますよね?僕は自分の辛さを言葉にしてTwitter上で辛さを共有しあってパワーを貰うタイプなので尚更です。やっぱり僕の立場からするとどうしてもポジティブシンキングが好きになれない。程度にもよるけど、人が弱音を吐いたり暗いこと恐ろしい事をちょっと口走ってしまうのは当然の事では?と思います。それなのに「ポジティブに考えなきゃ、不幸になる」という考えは少し違う気がします。

 

 

じゃあ、弱音を吐くこと闇を吐き出すことに何の意味があるのか?それは「自分の辛さが何か」をハッキリさせることです。辛さが何かをハッキリさせることのメリットは大きく分けて二つあって、一つが「辛さを共有する事でメンタルが安定する事」です。メンタルがある程度安定してこそ物事を長く続けられます。何より気分がいいですし。二つ目は、「自分が何で困っているのかがハッキリする事」です。そこがハッキリする事で他者と気持ちが共有出来ます。仮にそれが出来なかったとしても自分の気持ちをハッキリさせるだけで自分の暴走した気持ちを止める事もできます。運が良ければ、自分では気づかなかったことの発見にも繋がる可能性もあります。

※感のいい方は分かったと思うのですが、ネガティヴな思考にもメリットはあります。その話は後ほど。

 

 

 

 

僕はポジティブシンキングが嫌いです。正確に言うと、「ネガティヴな事柄=悪」と信じ込んでやまない極端なポジティブシンカーが大嫌いです。

 

もう少し気軽に弱音を吐ける、そんな世の中になるといいですね。

 

 

 

前記事についての謝罪

こんにちは!

 

前回の記事で自分なりのADHD改善案を考えたのですが、元にした記事であるWelqがデタラメな記事を出した事に気付かずにその方法論を正しいものとして推奨してしまった事です。

 

http://bumerang.hateblo.jp/entry/2016/11/15/225031

 

前回の記事を修正したものを明日投稿します。僕がADHD改善の為にやってる「素人なりの」方法になってしまうのですが、参考程度になればなあと思います。

 

 

大変ご迷惑をおかけいたしました。

 

 

未熟ながらも当ブログは発達障害の改善案を、困り感や本当に治す必要があるのかを含めて共有したいと思っております。

 

何卒、よろしくお願いします